Canvaのメモメーカーで簡単にメモを作成して送信する

Canvaのテンプレートコレクションとオンライン編集ツールを使い、みんなが喜んで受け取るメモを作成しましょう。

memo

プロ仕様のメモを使って、会社のニュースや発表を従業員に伝える

メモは、今日でも欠かすことのできない、会社のコミュニケーションの重要な要素です。メモを使えば、全社会議を開くよりもはるかに混乱を招くことなく、会社が方針の変更を正式に発表したり、注意を促したり、対応を求めたりすることができます。また、回答を提供したり求めたりすることもできます。短くても情報量が多く、厳格な形式のガイドラインに従う場合もあります。

メモは単純明快なものにしたいとはいえ、退屈なものにする必要はありません。Canvaでメモを作成すると、プロがデザインしたテンプレートを使用して、ニーズやブランドの個性に合わせて最適にカスタマイズすることができます。

メモの作成方法

  1. Canvaを起動する

    Facebook、またはGoogleのアカウントを使ってCanvaに登録します。アプリは、App StoreやPlayストアから簡単にダウンロードできます。登録済みの場合はログインして、「メモ」のデザインタイプを検索してデザインを開始します。

  2. テンプレートを探す

    奇抜で有機的なものからミニマルでクラシックなものまで、あらゆるテーマに対応したCanvaの幅広いメモテンプレートをチェックします。検索ツールを使って、業界、配色、スタイルなどで絞り込めます。

  3. 機能を使ってみる

    Canvaには数百万点にもおよぶ線、フレーム、画像、アイコン、イラスト、その他のグラフィックが揃い、メモを美しく加工できます。素材をページにドラッグアンドドロップし、再調整、サイズ変更、回転を行って好みの効果を生み出します。

  4. さらにカスタマイズする

    手持ちの画像、アートワークやブランド要素をアップロードして、デザインにもっと自分らしさを加えます。さまざまなテンプレートの要素を組み合わせるか、いろいろなフォントや色の組み合わせを試してください。

  5. 保存または印刷する

    メモをPDF形式でダウンロードして保存します。メールやSNSで直接共有できます。また、Canva Printを使ってデザインを高品質で印刷することもできます。

新しいメモのデザインを開く

Canvaのテキストツールでメモを適切にフォーマット

メモ、特にビジネスメモは、非常に明確なフォーマットに従う必要があります。見出しから始まり、件名と受取人、冒頭の要約、論点、行動提案、最後に締めくくりの文言を記載します。Canvaのテキストツールを使えば、メモのフォーマットを簡単に設定できます。ワンクリックで見出し、小見出し、本文を追加し、フォントの種類と色を選択できます。フォントサイズや、太字、下線、斜体といった書式設定のオプションから選択して、見出しや重要なセクションを強調することができます。

独自のロゴをアップロードして、メモ帳デザインにブランドパレットを使用

デザインに独自のブランドリソースを追加することで、メモが適切にブランド化され、認識されやすくなります。独自のロゴをアップロードするには、JPEG、PNG、SVGのバージョンをCanvaのワークスペースにドラッグアンドドロップするだけで簡単にできます。一度アップロードしたロゴは、今後も使用できるようにアップロードフォルダーに保存されます。Canva Proのユーザーは、ブランドパレットの作成と保存、独自のカスタムフォントのアップロード、フォルダーの共有機能など、より多くのブランディングツールにアクセスできます。

オリジナルメモ帳デザインの共有と共同作業

情報の一部が誰かの手元にありますか?メモを完成させるために、力を借りませんか?Canvaなら、共同作業が簡単にできます。共有ボタンをクリックし、編集権限を付与するテキストボックスにチェックを入れて、新しく作成したリンクをチームメンバーと共有するだけです。メモを完成させたら、メールで送信したり(アドレスをコピーしてフィールドに貼り付けるだけ)、印刷用のPDFファイルとしてダウンロードしたりして、組織の他のメンバーと簡単に共有できます。

よくある質問

最も効果的なメモは、メッセージを明確かつ簡潔に伝え、できるだけ少ないスペースで最も重要な情報を共有します。最後に依頼内容を太字で再度記載した文を含め、何もする必要がない場合は「対応不要」と記載します。

メモは通常、電子メール形式で、見出し、概要、文脈のセクション、行動や解決のセクション、結論、補足資料を含みます。メモの要点を最初から明確にし、より詳細な情報は添付ファイルに入れるようにしましょう。

メモは、電子メール形式で書かれた場合は10行以下、完全な文書として書かれた場合は1~2ページになります。中には10ページ以上になるメモもありますが、それは例外的なことです。シングルスペースを維持し、段落の間はダブルスペースにしてください。

その他のデザイン