1. モザイク加工

モザイク加工でデザインを作成

モザイク加工でデザインを作成しよう!
モザイク加工

Canvaでは色んなモザイク加工ができる

モザイク加工

Canvaのモザイク加工アプリや機能を使うと、モザイク加工がとても簡単にできます。デザイン画面から、左画面の機能一覧をみると、[スライス]や[ピクセル]、[文字のモザイク]といったあらゆるアプリを探すことができます。これらのモザイク加工で、写真やデザインにおしゃれな雰囲気を作り出すことができます。モザイク加工でアート作品にしたり、投稿デザインにしたり、顔をモザイクで隠したりなど、使用方法はさまざまです。

モザイク加工はブームになりつつある

モザイク加工

元々、モザイク加工は場所や人、個人情報などを特定されないようにする目的で使用されていました。近年、いろんな画像加工トレンドがあるなかで、インスタで若者の間で顔の一部分を隠す加工が流行りました。今やモザイクはおしゃれ加工として使用されています。例えば、ツーショットを撮るときにモザイクを目に入れたり、口元に入れたり、見られたくない横顔にもモザイクを入れます。気になるところを隠せる便利なツールなので、若者の間で重宝されているのです。

文字モザイクを使って、モザイク加工する

モザイク加工

写真全体を近未来的に、おしゃれにモザイク加工したい時に役立つのが、[文字のモザイク]です。[文字モザイク]を適用すると、通常の文字モザイク加え、色合い、Grayscale、ASCII、マトリックスなどの種類が表示されます。通常の文字モザイクで写真をサイバー風に、マトリックスで映画風にというように、さまざまな形で加工することが可能です。文字モザイクの上から、スライスやピクセルなど別の加工を付け足すこともできます。

スライスのモザイク加工でアーティスティックなデザインを作成

モザイク加工

[スライス]というモザイク加工を使えば、写真をアーティスティックに変えることができます。調理器具のスライサーでイメージがしやすいですが、写真のスライスされた部分は不均等になります。斬新なデザインを作り出すことが可能です。スライス部分の大きさは各種類によって異なります。Chipped, Sliced, Minced, Tornの中から選ぶことができます。

写真全体にモザイク加工を入れたいときはピクセル

モザイク加工

[ピクセル]というモザイク加工の機能は、写真全体にしっかりモザイクを入れてくれます。数多くの種類のピクセルが見つかるので、モザイクの度合いを好みに合わせることができます。Microなら一粒が小さいモザイク、Pixelなら一粒が中サイズ、Pelletなら一粒が大きいサイズのモザイクを扱っています。Dotsを使うと、ユニークなテイストでモザイク加工することができます。

モザイク加工をデザインに使用する方法

モザイク加工
リストの先頭:モザイク加工をデザインに使用する方法

Canvaを開く

Canvaを起動して「インフォグラフィックス」「メニュー」「動画」「チラシ」「Instagram」「メッセージカード」「ポスター」「YouTubeサムネイル」など、作りたいデザインを検索します。作りたいデザインカテゴリが見つかったらデザインを開始します。

テンプレートを検索する

デザインの種類が決まったら、テンプレートを検索します。テンプレートページからテンプレートを探すこともできますし、Canvaのデザイン画面からおすすめのテンプレートを探してデザインに使うこともできます。

画像を探す・アップロードする

デザイン画面で[素材]タブをクリックし、[画像] [写真] または好きなキーワードで検索します。パソコン内の画像を使ってデザインしたい場合は、[アップロード]タブをクリックし、[メディアをアップロード]で画像を取り込みます。画像メディアアカウントと紐付けて素早く画像をアップロードする方法もあります。

オリジナルに画像を編集

使いたい画像が見つかったらデザインに追加しましょう。モザイク加工を開始します。

完成したデザインを印刷・シェア!

モザイク加工を行なった画像・デザインが完成したらSNSでシェアしましょう!
リストの最後:モザイク加工をデザインに使用する方法
モザイク加工を使う

Canvaを起動して「インフォグラフィックス」「メニュー」「動画」「チラシ」「Instagram」「メッセージカード」「ポスター」「YouTubeサムネイル」など、作りたいデザインを検索します。作りたいデザインカテゴリが見つかったらデザインを開始します。

デザインの種類が決まったら、テンプレートを検索します。テンプレートページからテンプレートを探すこともできますし、Canvaのデザイン画面からおすすめのテンプレートを探してデザインに使うこともできます。

デザイン画面で[素材]タブをクリックし、[画像] [写真] または好きなキーワードで検索します。パソコン内の画像を使ってデザインしたい場合は、[アップロード]タブをクリックし、[メディアをアップロード]で画像を取り込みます。画像メディアアカウントと紐付けて素早く画像をアップロードする方法もあります。

使いたい画像が見つかったらデザインに追加しましょう。モザイク加工を開始します。

モザイク加工を行なった画像・デザインが完成したらSNSでシェアしましょう!
モザイク加工を使う

モザイク加工に関するFAQ

写真加工をデジタルで行う時代に突入してから、モザイク処理または加工は、画像を塗りつぶす技法として世に広く知られるようになりました。表示したくない画像の一部にモザイクを入れ、文字を隠したり、人や場所を特定されないようにと便利に扱えるということから、世間でも広く使用されています。

はい、Canvaでは無料で使えるモザイク加工の素材を豊富にご用意しています。

デザイン画面で[画像を編集]を押すと、左画面に機能が一覧で表示されます。スライス、ピクセル、文字のモザイク、ぼかしなどの機能が見つかります。

はい、使えます。一部の機能は有料ですが、無料で多くの機能を使えます。無料のテンプレートや素材(画像・動画・イラスト・オーディオ素材など)も豊富にご用意しております。

パソコン、スマホ、タブレットなどでお使いいただけます。作成したデザインはクラウドに保存されるので、どのデバイスからでも編集を続けることができます。
引用符
自分では思いつかないようなレイアウトや色使いに毎回Wow!となります。自分で作るとワンパターンになりがちですがCanvaのデザインサジェスチョンからアイデアを得るとより楽しいものが作ることができます。

高木 和子


その他の加工